|c u r i o u s|

ご家族3人のための築40年木造2階建住宅リノベーション。北側道路で3方が囲まれ、採光を特に気にされていた。当時の住居から伝わる6帖、8帖スペースが3列上下階に現れたので構造的ルールを崩さず、シンプルにその中心を吹抜とし光を内部全体に呼び込み、空を作り出した。一見大雑把なこの方法をダイレクトに設計の在処とし、各部屋の配置を決めていく。LDKは最も明るさの恩恵を受ける中心に配し、水回り、収納や寝室は直接LDKからアクセスできるようにし、部屋間の境界線も既存構造による曖昧な仕切りとする事で家族がどこにいても感じられるようにした。南縁側は外部とのバッファーゾーンとなりつつ機能面でも暮らしにプラスアルファの遊び心をもたせた。素材においてはモノトーンを基調として光を拡散させ軽やかをもたらすと同時に継承された名残や力強さの味わいを感じとれるようにしている。リノベーションでは新しく塗り替える事だけでなく、その時代背景を再認識し、視線の先のものをリセットすることが重要であると考える。家族がこの住まいの過去と未来に向き合って新しい息吹をもたらし、木造建築の持続可能性が広がることを願いたい。

date

所在地: 群馬県館林市

用途 規模 : 専用住宅(改築)
敷地面積 : -㎡
施工面積 : 117.32㎡
ブログ :c u r i o u s b l o g

設計 
*s t u d i o L O O P
施工 one|飯塚響 小澤孝宏

木工事 松本智也
電気 ミヤザキデンキ|宮崎浩一
家具・建具 金子木工|金子儀一
鉄骨 板橋鉄工|板橋武

設備 鈴木設備|鈴木俊一 鈴木大介