1/7

|g r o m m e t | 

4つのコンテナを連結した事務所建築。予算に対して必要となる面積が大きく、工期も限られていたため躯体がそのまま仕上げとなり、プレファブリケーション可能なコンテナ造とした。 少しのズレを設ける事でコンテナその物の幅を感じられるようにしながら、大胆なガラス使いと真っ白に染めた外壁がコンテナ感を薄め特異な風景を生み出している。鉄とガラスのみで覆われた外部に対し、内部は天井、壁、床、棚、デスクまで全て木(ラワン材)で仕上げている。コストと工期だけでなく、素材や色彩すらも徹底的に削減する事で建築としての強度を高めている。

date

所在地: 群馬県邑楽郡板倉町

用途 規模 : 事務所 新造コンテナ平屋
敷地面積 : 327.33㎡
施工面積 : 57.70㎡
ブログ :g r o m m e t b l o g

設計 
*s t u d i o L O O P
施工 TSUTSUMI|堤 広之

   関口建設|関口達也