|l i f e| 穴のある外郭を持ち周囲の自然を感じる家

周囲を田畑に囲まれた角地計画。四方を遮る物も無く風通しは良いが、プライバシーを守る物も無い。我々はコの字平面の外郭に穴を持った壁を設け、光と風を通しつつ大きなガラス面への視線を遮ろうと考えた。外郭と外壁の間は立体的な中庭となり生活の場を広げている。内部からは穴を通して周囲の田畑や林等が切り取られ巨大なピクチャーウィンドウとなる。外郭の穴を強調するために4周の窓も内着けのディテールとし、内部からは全く厚みのない状態を生み出している。中庭と穴を通して四季折々の命を感じ取れる住宅となっている。

date

所在地: 群馬県邑楽郡板倉町

用途 規模 : 専用住宅 木造2階建
敷地面積 : 231.17㎡
施工面積 : 115.31㎡
ブログ :l i f e b l o g
設計 
*s t u d i o L O O P
施工 one|飯塚響

電気 ミヤザキデンキ|宮崎浩一
家具・建具 金子木工|金子儀一

鉄骨 板橋鉄工|板橋武

板金 兵藤板金工業|兵藤充紀

内装 コヤマ美装工芸|小山淳一

設備 鈴木設備|鈴木俊一 鈴木大介

写真 中村絵

動画 施主提供

掲載:
homify(ドイツ)