1/12

|l i g h t l y| 記憶の保存・新たな拠り所

築30年を経た住宅のリノベーション計画。榛東村は冬の寒さが厳しいため、老朽化した水周りの一新と共にLDKの断熱工事が求められた。我々は南側に並ぶ二つの和室を繋げ、北側に置かれたキッチンを移設し広いLDKとした。南に広がる大窓は二重サッシとして断熱効果を高め、既存の廊下は白に染め光を内部に反射させる。2室の間には構造的に重要な柱、壁が存在し何らかの補強を施し撤去する事も可能だったが、あえて存在を残す事で新たに生まれる空間の中で、人や家具の拠り所になるのではないかと考えた。そしてそれは或る日の住宅の記憶として家族の心に蘇る。コストを掛けて見えない補強を施すのではなく、コストを抑えて既存宅の記憶と共にここにしかない空間の創出を試みた。

date

所在地: 群馬県北群馬郡榛東村

用途 規模 : 専用住宅(増改築)
敷地面積 : -㎡
施工面積 : -㎡
ブログ :l i g h t l y b l o g

設計 
*s t u d i o L O O P
施工 小林工業|小林久峻 狩野充俊 殿木辰雄