|n e a r| 今までと変わらず家族がいつもそばにいられる家

伊勢崎市内に計画された家族4人のための住宅。敷地から徒歩圏内の賃貸物件にお住まいだったが生活圏を変えずに済む場所に分譲地が出たため購入された。当初ご夫婦は大きくなってきたお子さん達の個室を検討されたが、娘さんの今まで通り4人一部屋で就寝した方が良いという一言と4人のどこかフラットな関係性に魅力を感じ、それぞれの気配が感じられる住まいを提案した。 南側の道路からプライバシーを守るため駐車スペースを取った部分にRC壁を建て敷地内に境界を造る。境界内は東から庭、ウッドデッキ、吹抜けのLDK、個々のスペース、水回り+収納とレイヤを造り開放性や視線を東に、明るさは吹抜け上部南側から取り入れた。全ての居室は吹抜けを介しワンルームとなり家族の活動が空間に滲み出てくる。お互いがそばにいる、そんな住宅となっている。

date

所在地: 群馬県伊勢崎市

用途 規模 : 専用住宅 木造2階建
敷地面積 : 289.38㎡
施工面積 : 95.02

ブログ :n e a r b l o g

設計 
*s t u d i o L O O P

施工 竹並建設|萩原勝広 守屋利夫

写真 中村絵