1/25

|t h r o u g h|

縦横の抜けがもたらす、繋がりと陽光を感じる住まい

白岡市内に計画された夫婦と息子さん3人の為の住宅。敷地は角地で隣接する北側の土地も駐車場や庭として利用するため購入している。南北が通りの多い道路と庭や田畑に挟まれたこの地で、視線の抜けと程よく明るさを感じる住まいを目指した。建物中心に高さ6mの玄関ホールを設け、北側の庭に視線が抜ける空間とする。LDKとホールは収納で仕切り上部をガラスとすることで、北側のダイニングキッチンにも吹抜から間接的に光が差し込むだけでなく、上下階の視線をつなぐ役割も果たす。中心に螺旋階段を配置しスキップフロアで構成した書斎や居室とすることで程よく家族の存在を感じることができる。水平・垂直方向に抜けを意識し形作ることで空間の豊かさだけでなく、住む人の心も満たす住まいとなった。

date

所在地: 埼玉県白岡市

用途 規模 : 専用住宅 木造2階建
敷地面積 : 165.38㎡
施工面積 : 125.86㎡
ブログ :
t h r o u g h b l o g

設計 *s t u d i o L O O P
施工 関口建設|関口栄一 関口善昭

写真 中村絵